がん検診、検査の
内容と種類

TOP


・胃ガン

バリウムを飲んでレントゲンをとるエックス線検査、や胃カメラによる内部の観察を行います。
エックス線は手軽で胃カメラは苦手な人も多いですが、胃カメラのほうがより詳細に 調べることができます。

基本的にはエックス線で異常が見られれば、精密検査として胃カメラをする、という
ようになっています。

・大腸ガン

検便、直腸検診、内視鏡を見ます。
ガンの発見だけなら検便でも十分な精度ですが、ポリープの発見や切除には内視鏡を用います。

・肺ガン

エックス線やCT検査が主ですが、痰の細胞を調べるという方法もあります。
通常はエックス線を行いますが、肺ガンの初期段階を発見するのが難しいことから喫煙者など
疑いが高い人は他の検査も行います。

・乳ガン

超音波検査のような機械的なものに加え、触診で判断できる場合もあります。

・子宮ガン

超音波検査や子宮頸部の細胞を調べる方法などがあります。

・前立腺ガン

血液検査や直腸の触診などを行います。