胃カメラ検査で
わかる病気
健康診断の
判定と基準値



何がわかるか

胃カメラは口や鼻から内視鏡を挿入し、咽頭・食道・胃・十二指腸を観察して、
胃ガンや喉頭ガン、食道ガンの発見などに役立ちます。
また胃ガンなどはエックス線検査でも発見することができますが、カメラを用いた
ほうが治療可能な初期段階を発見しやすいため重宝されます。

胃カメラ検査の参考画像

若いうちから頻繁にする必要はないですが、40歳を過ぎれば一度検査を
しておいたほうがいいでしょう。

ガンは40歳以降に発症率が高くなるためです。

また、ポリープなどの切除手術でも使われます。

デメリット

胃カメラをすることのデメリットとしてはなんといっても体の中に管をいれる
ことになるので苦しい、怖い、ということでしょう。
そのため最近では口から入れるタイプだけでなく、鼻から入れるようなタイプ
があり、検査中の吐き気などがかなり軽減されているようです。

また胃カメラをすればエックス線をしなくてもいい、というわけではなく、
カメラでは見ずらい部分もあるため通常はエックス線と両方を行うことに
なっています。

ちなみにエックス線検査はバリウムを飲んで写真撮影をするだけなので、
苦痛はなく時間もすぐ終わる簡単なものです。