身長測定と
時間帯の関係

TOP


時間帯によって変わる場合がある

健康診断などで身長を測るとき、若い子ならば大抵は測るたびに数値が伸びている
でしょうが、ある程度大人になると伸びなくなるため測るたびに少し伸びていたり
縮んでいるように測定してしまう場合があります。

これはおそらく時間帯によって身長はわずかに上下するためです。

具体的には朝と夜とでは1%ほど身長は違い、朝は高く、夜になるほど縮みます。

これは重力によって背骨などの軟骨がつぶれてしまい、そのぶん身長が低くなるため です。

ですがこの軟骨は寝ている間に少しずつ元に戻るため朝にはまた身長が元に
戻っているというわけです。